アマゾンが今日中にモノを届けられる秘密と日本企業の生き残り戦略

アマゾンジャパンにて、SCM(サプライチェーン・マネジメント)のマネージャーとして、物流や倉庫オペレーションの管理、そして多くの採用面接に携わった著者が語るアマゾンの強さの秘密。

アマゾンが掲げる2つの企業理念(①.地球上で最も豊富な品揃え / ②.地球上で最もお客様を大切にできる企業であること) を実現するため、顧客に提供すべき価値を徹底的に考えて出した答えが「豊富な種類の商品を出来るだけ早く、安く、消費者に届けること」を追求すること!!

それを実現するために従来はコストセンターとして捉えられていた物流に、優秀な人材と膨大な投資を行い、徹底的に倉庫管理を効率化して得られた利益を「安さ」と「利便性」で消費者に還元。

一般的な日本企業にありがちな義理人情、それが全く通用しないグローバル企業の話も交えつつ、アマゾンの高い理念を追行するため、常に顧客至上主義を貫く彼らの姿には色々考えさせられます。

本書のあらすじ

まず冒頭ではインターネットによって激変した通販業界の歴史、そしてアマゾンが日本の物流業界(ヤマト・佐川・日本郵便)に与えた影響と、今後アマゾンの日本の物流業界との関わりに言及。

第2章ではアマゾンの物流戦略として購買管理、注文管理、在庫管理、倉庫運営のそれぞれの強みと、とにかく品質にこだわる経営姿勢、アマゾンの物流の歴史について。

第3章ではアマゾンの強大な物流システムを支えるロジカル経営として、プラットフォーム戦略やロジカル経営の3つの柱(KPI/オペレーション/システム)と優秀な人材の獲得戦術。

最終章では日本企業がこれからアマゾンとどう対抗すべきかを解説。

日本の個人向け物流業界の話

圧倒的なサービス力で国内トップを走っていたヤマトが、アマゾンの競争原理に振り回され離脱、更に価格競争に晒された佐川は体勢が弱体化、力を伸ばし始めた日本郵便、宅配便を代表する大手3社(ヤマト/佐川/日本郵便)の歴史にも触れています。

ちなみに豆知識として、ヤマトの圧倒的なサービス力には時間指定配達やクール便が挙げられ、ドライバーも下請けに頼まず、自社の社員で調達するなど、その高いサービス力の証が生みの親である小倉昌男氏の「運転手はドライバーではなく、セールスマンである」という言葉。

佐川はドライバーを下請けに頼み、気合と根性で「ヤマトより安い」を強みに、日本郵便は資金はありながらも、荷受人からの受取日時変更が出来ないなど、個人向けサービスでは難あり…アマゾンのせいで物流量が多くなって悲鳴を上げていましたが、ヤマトってホント凄い企業なんですね。

ここら辺の話が気になる方は、本書の出典でも紹介されている「仁義なき宅配:ヤマトvs佐川vs日本郵便vsアマゾン 著者:横田増生」を読むと色々知ることが出来そう。

アマゾンが変えた日本の物流業界

さてアマゾンが企業理念を実現するためには、物流分野への優秀な人材と膨大な資金を投入だけでなく、理念実現に欠かせない配送業界(ヤマト・佐川・日本郵便など)にも競争原理を持ち込み、自社の利益を最大化出来るようにすることが重要。

その一例がカスケードの仕組みやリベート、日販バックオーダー発注の廃止ですが、非常に機械的・合理的に利益を最大化する仕組みが構築されており、随分ドライな印象ですが、義理人情感の強い日本企業がこんなグローバル企業に勝てるのか(物流業界には気概のある方が多いようですが…)

競争原理によってヤマトの営業所も採算が取れず、利益率の低下と人手不足の状況から、配送料の値上げと総量規制でヤマトショックが起き、アマゾンがこれからどんな戦略を取るのか。

アマゾンは倉庫管理に非常に強みがあるので、強みを活かしつつ、配送は既に高い品質とサービス力のある配送業社に任せるのが基本戦略なようです。

アマゾンの物流戦略

前述の配送業コントロールに加え、自社の優れた購買、注文、在庫、倉庫の管理に言及。

リアル店舗に匹敵するサービス提供の答えが「顧客の手元へ商品を届けるタイミングのサービスレベルの最大化」であり、とにかく配送スピード(予想より早く届く)と品質(注文内容に誤りがなく、傷がないこと)の追求であり、それを実現させる要因は以下の通り。

・販売と物流が一体化(タイムラグが無い)

・S&OPの調整プロセス(販売とオペレーションの相互監視)

・物流部門に多額の投資(原価の次に高い売上高の約13%/約2兆円)

・サプライチェーンが製造業並み

・優秀なエンジニアによる内製化

・徹底的な納期遵守意識

・何があろうとサービスレベルを落とさない気概

それにより生まれたのが購買、注文、在庫、倉庫の管理の強み。

購買管理では、独自の需要予測システムを構築し、どのような商品がどの地域でどのくらい注文されそうかをシステムで予測(膨大な商品数を扱うアマゾンには必須)。

注文管理では、商品納入に考えられる全ての納品経路(仕入先→倉庫→顧客)を算出し、お届け日とコストを考慮して最適な納品経路を決定可能なフルフィルメントの最適化システムを構築。

一般的な流通企業では人間の経験に頼り、手作業レベルで需要予測を行うケースが多いようですが、アマゾンでは各倉庫の営業時間や処理能力、コストといった固有情報(仕入れ先のリードタイム、商品コストや作業コスト、配送コスト)を保持することで詳細な納期割り出しが可能。

在庫管理では、独自のEDIシステムで適切な在庫数を割り出し、不足分はサプライヤーに発注(誰に発注して、どの倉庫に在庫として持つかを最適化)出来るよう仕組み化(主要カテゴリはバイヤーがいるらしいが、徐々にAIに置き換えられているとか)

倉庫運営では、いち早くWMS(倉庫管理システム)を導入、人材不足を補うために機械を導入し効率化するだけでなく、短期間での倉庫構築が可能なように倉庫の設計段階から最大限に効率化を目指し、徹底した企業理念を実現するために、アンドンを採用したり。

一介の三流Webエンジニアには想像も出来ない程、高度技術を駆使したシステムなんでしょうね。

さて日本企業はどうすれば!?

第三章ではデータに基づいたロジカルな判断で遂行される経営手法の話ですが、シングル・ディティル・ページ(UIUXを考える人にはタメになる)の話やFBA仕組み(プラットフォーマーの話)、優秀な人材獲得の話をされてます(アマゾン程の企業なら、黙っていても優秀な人ばかり来る気も…)

さてアマゾンと日本企業では大学生と小学生ほどの差がある今、どう戦えば良いのか?

POINT真正面から戦えば負けるので、真似すべき点を取り入れ、自社独自の強みを出すしか無い

本書ではアマゾンからは「顧客視点」「長期視点」の2つを学び、長期視点では人材教育、オペレーション改善、システム投資の3つに取り組むべきと言及されています。

IT業界にいる身としては、GAFAが作るプラットフォーム上での開発が当たり前となり、GAFAが衰退する兆候も見られない上、今後も技術のコモディティ化はどんどん強くなる現状では、GAFAの優秀な技術と共存しながら、コンサル方面に進んだ方が身のためかなと痛感する一冊でした。