自殺予防の基礎知識で多角的に自殺を理解 有効な自殺対策はあるのか?

自殺はある日、突然起こり、突然表れた自殺は何かしらの猛烈な感情体験を残しますが、平均寿命が大幅に伸びた現代社会では誰しも自殺に遭遇する可能性があり、こうした社会的な問題を考える上で何か参考になる本が無いか探していると「自殺予防の基礎知識 – 多角的な視点から自殺を理解する(著書:末木新)」が目に入ったので読んでみました。

本書のあらすじですが、自殺予防の基礎知識として、冒頭では自殺に対する現状理解と自殺をする人の心理状況、そして今自殺を考えている人に対して個人レベルで出来る対処方法を解説。

中盤では過去に遡り、西洋・東洋での自殺観の違い、自殺と自傷の関係性とメディア(インターネット含む)が与える自殺への影響度を考え、最終章では自殺対策の歴史と自殺対策の有効性に言及。

多岐に渡る自殺予防の基礎知識が網羅されている一冊です。

自殺の現状と様々な傾向

日本では戦後、3度の自殺数の増加傾向が見られ、その要因の一つには社会的な変化 (戦後の混乱で覚醒剤や薬物が蔓延 / 社会全体で共有されていた価値観・道徳・規範などが大きく変化 / バブル崩壊による経済的貧困 / グローバリゼーションによる価値観の変化) で、こちらの要因は何となく頭で理解は出来ます(ちなみにデュルケームはこのような理由で自殺する人を「アノミー的自殺」と命名)

また自殺の動機はこの順番 (健康問題 > 不詳 > 経済・生活問題 > 家庭問題 > 勤務問題) で多いらしく、更に自殺者には「孤独」「相反する二つの心」の共通した心理があるので、無職(経済的な貧困)や未婚(孤独になりやすい)が自殺に繋がりやすいのは理解出来ますが、日照時間気温も自殺に関係するらしく、ロシアは先進国内でも自殺率が高く、日本国内でも北の方が自殺率が高い。

事故物件で有名な大島てるの管理人も、物件の間取り(天井の低さや柱の位置)次第で自殺する確率が上がる的な話をされていたので、社会的な問題は勿論、個人レベルでは人間関係だけでなく、居住地も含めて考える必要があるのかもしれません。

自殺の危機が迫っている人の対処方法

本書の第3章で言及されている対処方法ですが、非常に興味深い内容であると同時に、自殺を考えている人と向き合うこと自体が膨大なエネルギーを必要とするアクションなので、何かの手違いで誤った対応をした結果、自殺の助長に繋がる懸念など、まあ非常にデリケートな話題です。

色んな施策がありますが、時代や西洋・東洋問わずに多くの研究者が推奨しているのは「共感すること」で、逆にやってはいけないことには、話題を逸らす、激励する、社会的・一般的な価値観を押し付ける、叱りつける、批判・助言、質問の連発などが挙げられています。

自殺観の歴史

第4章では西欧と東洋(主に日本)の自殺観の違いを、歴史を振り返りながら説明されています。

西欧では古代ギリシャまで遡り、プラトン(人間は神の所有物なので自殺は神の意思に逆らう行為なので禁止)とアリストテレス(自殺は国家や共同体を棄損する行為なので禁止)の考え方の違い、アウグスティヌスやトマス・アクティナスの自殺観、いつの時代も前提として自殺が原則禁止されていますが、時代の変遷に伴って考え方も少しずつ変化していることに言及。

また日本は先進諸国の中でも自殺が多い国だと言われますが、その理由として考えられる3つの要因 (①.スチュワート・ピッケンが提唱した日本語がヨーロッパ諸言語に比べ、自殺に関する語彙が豊富なので自殺と日本文化との親和性がある点 / ②.儒教の影響(自殺に関してダブルスタンダードな考え方) / ③.仏教の影響(輪廻転生)) に言及。

自殺問題の難しさ

自殺は何か単一の問題で生じる訳ではなく、様々な社会的問題や個人的な悩みが絡み合い、稀に起きる大変深刻な社会問題ですが、自殺の動機も人それぞれで「なぜこの人は自殺をしたのか?」と事後的に動機を推定するケースが多く、動機の2位は「理由不詳」となっているそうです(1位は健康問題)

人はなぜ自殺をするのか?の動機特定の困難さも去ることながら、自殺予防対策の有効性を明らかにする事は更に困難であり、そもそも因果関係を実証するための実証実験が難しい (自殺という現象が1年間追跡して10万人に20人くらいの割合) ので、現在でも明確な自殺予防対策 (強いて挙げれば、かかりつけ医などのコミュニティーサポートや自殺方法の制限) が分かっていないのが現状。

そんな現状で個人レベルで何が出来るか? どう考えるべきか? どう行動すれば良いのか?

本書終盤ではそのヒント (自殺対策に関するマクロとミクロの考え方) が紹介されており、マクロ視点の自殺に影響を及ぼす社会的な問題の解決を主張と、ミクロ視点では今目の前に「死にたい」と言ってる人に薬や心理療法を施し、身近で困っている人を助けるという主張があります。

勿論双方の主張はどちらも大切なのでバランスを取りつつも、各自がどちらを重視するか考え、具体的な行動に移せれば良い訳ですが、ミクロな視点だと自身が精神科医やソーシャルワーカーになったり、ボランティアで自殺予備軍のケア・フォロー(まあまあハードル高いですが)、マクロだと仕事などを通して社会問題の解決に携わる等。

私はマクロな視点を重視しつつ、SDGsなどの施策に会社での仕事を通してだったり、個人レベルで何が出来るか(出来ればテクノロジーを活用して)を考え、行動に移したいなとは感じます。

参考文献

自殺を予防する – 世界の優先課題

自殺対策を推進するためにメディア関係者に知ってもらいたい基礎知識

警視庁 – 自殺者数

外務省 – SDGsの取組み

著者の紹介ページ