Linuxなどインフラ技術に苦手意識があるプログラマーの改善手段

昨今のWebシステムはLinux上で動作するものが多く、Linux上での作業はほぼ必須です。

ただ業務上でLinuxに触れる機会が無かったり、日常生活では綺麗にデザインされたGUIに慣れているので、コンソール画面を見るだけで、苦手意識を持たれる方もいます。

TaNA
私も学生時代のC言語講義で、プログラミングの難しさやDOS上での操作に嫌気がさし、Tera Term画面を見るだけで拒否反応を感じていました。

LAMP開発だと必須なので、今ではLinuxに拒否反応が出ないようになりました。

Linuxはちょっと・・・と思うプログラマーはどーすれば良いのか。

Linuxを触るキッカケは!?

身も蓋もないですが、結局はLinuxを触ってみるしかない。

ちなみに私がLinuxを触ってみようと思ったキッカケですが。

元々金融系の大規模案件に参画していましたが、役割が細分化された現場でした。

TaNA
ローカルでのプログラミングと試験のみで、Linuxに触れる機会は皆無。

それから中小IT企業に転職し、SES契約でさくらインターネットに常駐することになり、開発現場がLAMP環境だったので、嫌でもLinuxに触れる必要がありました。

また常駐先企業のサービス内容知らず、開発するのはさすがにマズイと感じ、身銭を切り、さくらのVPSを契約したのがLinuxに触れるキッカケでした。

プログラマーに必要な最低限の知識

インフラ専門のエンジニアでない限り、まずは最低限の知識さえ覚えれば良いのかと。

・セットアップ作業

・最低限のコマンド操作

・コンソールに慣れる

普通に業務に従事していれば、セットアップ以外は身につきます。

また中にはLPIC資格を目指す方もいますが、上に書いてるレベルであれば不要かと感じます。

インフラ専門のエンジニアであれば勉強するのもアリかと。

勉強するためのゴール設定

とはいえ、何か勉強する目的が無ければ長続きしないし、あまり身につきません。

VPSを契約した当時、私はWordPressブログに興味があり、VPSに必要なミドルウェアをインストールし、ブログを始める事をゴール設定にしました。

POINT小さな目標で良いので、必ず具体的なゴール設定をすること!!

やり方は色んな方がネット上に公開して下さっていたので、yumコマンドでPHP・MySQL・Apacheなどを導入、Linuxへの苦手意識も消え、業務でも役立っています。

目標は業務で学んだ言語・フレームワーク知識で何かWebサイトを作り公開するとか。

世の中に公開せずとも、自分の使いやすい開発環境をいつでも使えるよう、vagrantやdockerなど仮想環境を学ぶとか、何でも良いので目標を立てることをオススメしたい。

Linuxで広がる世界

私は主にWordPressやPHPフレームワークでのプロフ公開が主な目的でした。

他にもこんなことができます。

・PCをトラブルシューティング

・ロボットを動かす

・防犯カメラを自作で設置

ちなみに周りのプログラマーでどうLinuxを活用しているか聞いてみると・・・

・自作Webサービス

・スマホアプリのAPIサーバー

・ルーチンワークのバッチ

・ビットコインの自動取引bot

・ラズパイなどの連携

将来起業した人はWebサービスを公開したり。

業務で学んだ知識をプライベートで活かそうと考える方は多いです。