ミニサイト職人に倣ってWordPressで地域ブログを作ってみた話

新しいテクノロジーを学ぶ際、何を目的に勉強するかは悩みどころです。

TaNA
何かしらのゴール設定が無いと、長続きしませんしね。

私がLinux学習のゴール設定に悩んでいた頃、ちょうどミニサイトが話題となっていました。

そのミニサイト職人に刺激を受け、Linux上でWordPressのミニサイトを作る事をゴールに!!

その当時のメモ書きです。

(あまり技術的な話ではありません)

企画が命・テーマ選び

ブロガーフェスの資料にもデカデカと書かれていました。

POINT集客して収益狙うなら第一にテーマが命!!

テーマをどう発掘するか、以下のように紹介。

・情報収集に時間がかかった事

・SNSで質問され回答できる事

・友人に話すと反応が良い体験

・ブログで高アクセス率の記事

私が選んだテーマは当時自分が住んでいた「東中野」という街。

TaNA
別ブログで東中野の記事を幾つか投稿していたので、4番目に該当するかも。

ネットで探しても似たようなサイトは見当たりませんでした。

TaNA
ないのなら 作ってしまえ ミニサイト

2016年10月からミニサイト作りに没頭する日々を送る。

なんちゃって企画書

以下の点について「なんちゃって企画書を作る」とな。

・サイト名

・説明文

・コンセプト

・想定訪問者

・サイト概要

・コンテンツ

・管理人の強み

・タスク/課題

・集客プラン

・スケジュール

とまあ色々書かれてますが、考えたのはコンセプトとコンテンツと管理人の強み。

TaNA
集客プランは検索流入onlyの想定ですが、そもそも訪問者がいるのか!?

コンセプトとコンテンツは、地域ブログと呼ばれるサイトを一通り確認。

都内であれば三鷹や吉祥寺、埼玉県(特に三郷市)では色んな方が運営されています。

企業レベルでも観光サイトや、中野区の紹介的なサイト・ブログが多い。

自分自身の強みとは!?

自分の強みは、こんなところかな。

・居住歴3年間半で地の利

・ブログ運営(WordPress)知識

・散策が趣味で写真に困らない

新宿都心に近いので、東中野にもエンジニアはいますが・・・

わざわざ東中野のミニサイト作ろう!!と考えるのは自分だけかと。

コンテンツもとにかく街並みや雰囲気にフォーカス。

狭い道路や川沿い、街の野良猫の写真を、単に載っけているだけのサイト。

TaNA
まあ和田氏のような完成度の高いミニサイトとは言えません。

そもそもミニサイトなのかも怪しい。

東中野さんぽ道

いちおうリンクも貼っておきます。

自分に合っている

ミニサイトがブームになっていた頃、とあるアフィリエイトブロガーの方が、ミニサイトを作らない理由について述べられていました。

運営するサイトを「作品」というよりも「メディア」として捉えている。自身の作品を沢山作って世に出すより、影響力のある「メディア」を運営することに喜びを感じる。

色んな考え方があるんだと、同時に「なるほど」と感じました。

ミニサイト作りを意識して街を歩くと、自分の知らない新しい街の良さを感じたり。

TaNA
どうもミニサイト作りより、地域密着型サイトが合っているのかも。

小難しい事が書かれた参考書を読むだけではつまらない。

学んだテクノロジーをどう活かすか、どんなゴール設定を置くか。

それ次第で新たな発見や感動があるので、改めてゴール設定とアウトプットの重要性を痛感。